言葉の断片を繋げて、一つの物語と成す。 SKIN BY PASSION+
UNICO DIARY SYSTEM BY az*
BACK
290 - 301


290
離れても
離れても
それでも近くに居る存在

血の繋がりは
離れる事を許さない

-------------------

291
消えてしまった君と、過ごしたあの季節。

春になったら会いにいく。
そこが何処でも構わない。

------------------

292
運命か、偶然か。
集いし彼らの協奏曲。

この出会いを『運命』と呼ばずして何と呼ぶ。

------------------

293
目を逸らして逃げるあたしを、君はどう思うだろう。

居なくなった君の言葉、嬉しくて、痛い。

------------------

294
死ぬことは怖くなんてない。
なのに迷うのは、何故なんだろう。

逝け、その高みへと。

------------------

295
退屈な日常から這い出る術。
愉快な毎日を送る術。

僕らの明日は、希望に満ちている。

------------------

296
噛み合わぬ歯車、死して尚止まらず。

憎んだり、愛したり。
その間を日々揺れ動く。

--------------------

297
願ったり、叶えたりすること。
少年は全てを諦めたフリをした。

あの人は教えてくれた。
だから僕は、諦めない。

--------------------

298
スキだから。
スキなのに。

不安と恐怖と幸せを感じながら、今日まで隣を歩いてきた。

----------------------

299
貴方を失う事が耐え難い苦しみ

可愛くない自分を、優しい恋人の所為にした。

---------------------

300
人は青い春を越えて大人になる。

一人は楽な恋を遊び、一人は真実の愛を求めた。

-------------------

301
大人になったかつての少年は、あの夏の出会いを忘れない。

暮れなずむ町並みに、僕が見た景色。

幼い僕の精一杯で、何かを、するという事。

ずっと一緒に、笑い合えたらいいね。

出会いは突然に。
別れは唐突に。

ランキング
お気に召しましたら、投票頂けると嬉しいです。